現役で入った大学を辞め、2浪・地方での宅浪を経て一橋大学へ

地方出身の私は、一度入った大学を辞め、浪人を決意、地方での宅浪・二浪の末、一橋大学に入学しました(現在は卒業)。同じような選択を考えている方に向けて、少しでも考えるきっかけを提供していきたいと思っています。

目次

目次

 

 

9/2 「 宅浪・浪人に必要なのはGRIT(やり抜く力)~頭の良さが受験の成功に最も重要だという誤解~ 」 更新しました。

 

*先日、私と同じように「地方で宅浪」という選択肢を選んだ方から、受験の相談についてアメブロ内でのメッセージを頂きました。こうした受験相談や、漠然とした不安など、聞かせてくださればいつでも相談に乗らせていただきます。話を聞くくらいでよければぜひさせて頂ければと思っています。(8/9 追記:Lineでの受験相談も随時乗らせていただきます。現在私の地元青森県で宅浪を頑張っている方の相談に乗らせていただいています)

 

 

 

私はこのブログを、そうした不安を抱える方達の力になりたいと考え、始めました。遠慮なく、些細なことでもお聞きください。

 

 

はじめに

 

・自己紹介

 

 ⑴現役高校三年の時

 

・勉強法

 

 ・宅浪で一橋に受かった私が浪人時に使っていた参考書・勉強スケジュール

 

・浪人生のあなたへ

 

 ・宅浪をしているあなたが合格にこぎつけるために ~正しい情報を入手する~

 

 ・単調な受験勉強が続けられない原因とその解決策 ① ~ウェアラブルデバイスから学ぶ受験勉強戦略~

 

 ・宅浪・浪人に必要なのはGRIT(やり抜く力)~頭の良さが受験の成功に最も重要だという誤解~

 

 

・宅浪か予備校か悩んでいる方へ(更新予定)

 

・2浪は就職に不利か(更新予定)

 

・2浪をするということについて(更新予定)

 

・宅浪をするということ(更新予定)

 

・2浪してまで一橋大学に入ってよかったか(更新予定)